明屋書店はるや HARUYA www.haruya.co.jp

ログイン
半角英数字のみ
半角英数字で6文字以上

新規アカウント作成はこちら

Parajumpers sale Parajumpers sale http://www.unifem.ch canada goose sale http://www.canadagooseoutlets.be
BOOK 明屋書店はるや

将来を見つめ、進化する書店

会社名 株式会社明屋書店
Haruya Book Stores, Inc.
本社所在地 〒790-0012 愛媛県松山市湊町四丁目1番地19
事業内容 書籍・雑誌・DVD・CD・文具等の小売販売、
ビデオ・CDレンタル、書店フランチャイズ事業
創業 昭和14年2月11日
設立 昭和25年12月23日
資本金 3,000万円(2003年6月末)
代表取締役社長 酒井 修
代表取締役 木村 理人
取締役 寺沢 徹
取締役 瀬川 定伸
取締役(非常勤) 豊田 広宣
取締役(非常勤) 呉坪 隆裕
監査役(非常勤) 本川 幸史
特別顧問 安藤 大三
社員数 社員:221名
契約社員:296名/パートアルバイト:425名
年間売上高 14,024百万円(2017年6月末決算)
取引銀行 愛媛銀行、伊予銀行、山口銀行、広島銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行、百十四銀行、大分銀行、福岡銀行
加盟団体 日本書店商業組合連合会、日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合

ご挨拶

明屋書店は、昭和14年2月に創業者である故安藤明が松山市千舟町の自宅で貸本の店「明文堂」を始めたのが事業の始まりです。以来、愛媛を中心に四国、九州、中国と店舗網を拡げ、現在、直営店・FC店を合わせた店舗は、東京から鹿児島まで、1都12県に80店舗を数えるに至っております。
さて今日、進展するデジタルネットワーク社会にあって、情報と文化の伝達手段は一層急激に進歩・多様化しており、特にスマホや専用デバイスを利用した電子書籍の需要の拡大には、出版とその流通に関する概念を根底から変えるほどの衝撃があります。
しかしその一方で子供たちへの本の読み聞かせの大切さや自分自身の内的世界を拡げる読書経験の重要性はいささかも減じてはおりません。街の図書館に目を向けてみれば、シニア世代を中心に多くの人々が熱心に読書されておられます。
こうした相反する構図の中で、地域社会における書店の機能と役割をしっかりと担い続けていくため、私たちは「本を通じてのお客様との出会いを大切にし、社員ひとりひとりが日々成長し社会貢献できるよう努力する」という経営理念の下、これまで以上にお客様に喜んでいただける店づくりに力を注いでまいります。
そして同時に、変化する時代に適確に対処し、新たな価値を創出していくために、平成24年6月、明屋書店は出版販売会社の株式会社トーハンと資本・業務提携を結び、企業として次なるステージに歩みを進めております。
お客様並びにお取引先におかれましては、どうか今後とも進化し続ける明屋書店にご期待いただき、倍旧のご支援とお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

沿革

明屋書店の創業は1939年2月11日、創業者である安藤明が松山市千舟町で貸し本の店「明文堂」を営んだことに始まります。その後、1946年に現在の松山市湊町に古本屋として開業し、翌年より新刊を扱い始め、1950年12月23日に「株式会社 明屋書店」として会社を設立しました。

1946年:
愛媛県松山市に湊町本店(現松山本店)
1951年:
愛媛県松山市に大街道店(支店第一号)
1956年:
愛媛県新居浜市に新居浜本店
1963年:
九州初の支店、中津店
1966年:
東京都に東京本社(現中野BW店)
1969年:
静岡県浜松市に浜松店
2012年:
株式会社トーハンと資本業務提携
2014年:
書店内にセブイレブンを併設する明屋書店新業態店舗1号店が愛媛県松山市にオープン
株式会社イケヤの事業の一部であった「イケヤ文樂館の屋号で営業する店舗における書籍、雑誌、マルチメディア商品等販売事業」を譲り受ける
2015年:
愛媛県松山市の中心に位置する大街道に、生活者視点の新提案型店舗「SerenDip明屋書店アエル店」をオープン
地方「元気」企業ランキング1位に選ばれる(週刊ダイヤモンド12/26・1/2新年合併特大号より)ダイヤモンド社様発行の「週刊ダイヤモンド」の特集記事、地方「元気」企業ランキングの1位に弊社が全国(東京・大阪・千葉・埼玉・神奈川除く42都道府県より)300万社の中から選ばれました。

その後、全国1都12県に直営80店、FC11店、合計91店にチェーン展開する国内でも最大級の地域書店に成長しました。

 

店舗を展開する市町村 直営店

東京都 中野区
静岡県 浜松市、磐田市、湖西市
兵庫県 伊丹市
愛媛県 松山市、伊予郡砥部町、伊予郡松前町、大洲市、喜多郡内子町、八幡浜市、宇和島市、
北宇和郡鬼北町、西予市宇和町、南宇和郡愛南町、新居浜市、西条市、四国中央市、今治市
高知県 四万十市、宿毛市、須崎市
広島県 安芸郡
山口県 下関市、下松市、岩国市、光市、周南市、柳井市、山口市、防府市、宇部市、
山陽小野田市、長門市、萩市
福岡県 北九州市、宗像市、行橋市、田川郡川崎町、田川市、京都郡苅田町、豊前市
大分県 大分市、臼杵市、日田市、佐伯市、中津市、宇佐市、豊後高田市
熊本県 熊本市、天草市、八代市

 

店舗を展開する市町村 FC店

愛媛県 松山市
徳島県 小松島市
熊本県 球磨郡多良木町、球磨郡錦町、球磨郡あさぎり町、熊本市
宮崎県 児湯郡川南町、延岡市、西臼群高千穂町
鹿児島県 薩摩川内市、霧島市

 

名前の由来

HARUYA 明屋書店はるや

「明屋」と書いて「はるや」と読みます。
明屋書店の「明」の字は、創業者である安藤明(あきら)の名に由来します。この一文字には、文字どおり「店内は明るくあれ」「社員は明朗であれ」との願いが込められています。「ハル」という音(冨山房の大言海、学研漢和辞典に「明」を「ハル」と読むと記載されています)は「春」と「晴」の字にも通じます。

商売が、まず覚えていただくことから始まると考えるのであれば、これも利点の一つです。どこの土地でもどんなお客さまにでも親しみやすく、飽きられない名前だと信じています。その名が持つイメージに恥じぬよう、常に次代の「春」を先取りした、眩しい店づくりを心掛けております。

1973年(昭和48年)6月19日完成の本社社屋「トトビル」のトトとは、ギリシャ語で学問の神様の意味です。

  • 名称未設定
  • あなたの本棚画像
  • 一番くじ-小バナー
  • sns-logo-small
S